受託業務:震源断層を考慮した入力地震動の作成

理論的方法による強振動の再現例確率論的グリーン関数法による強震動の予測
想定南海地震の長周期地震動の予測例
 耐震診断や耐震設計等で使用する入力地震動を、対象地点の震源断層を考慮して、自社開発の地震動作成ソフトウェアにより作成します。
 さまざまな耐震検討等を行う上で、まずは、このような強震動予測が重要です。

 震源断層を考慮した地震動作成法は、下表のように分類され、弊社では、それぞれに対応したソフトを全て開発済みです。
 与えられた条件により、最適な方法を選んで入力地震動を作成し、その評価を行います。


地震動作成法の分類
経験的な方法 距離減衰式、地震動と常時微動のH/Vスペクトル比によるローカルサイト効果の導入
理論的な方法 断層モデルの理論に基づいて震源特性を求め、地震波の伝達特性と表層地盤の増幅特性を弾性波理論により理論的に計算し評価する方法
半経験
半理論的
な方法
1) 断層モデルに基づき、過去の中小地震の観測記録を用いて、大地震の地震動を評価する経験的グリーン関数法
2) 確率理論による統計的に作成した人工地震波を用いて、大地震の地震動を評価する確率論的グリーン関数法(統計的グリーン関数法)
ハイブリッド
合成法
長周期成分と短周期成分に分けて別々に取り扱い、周期帯域ごとに地震波を計算し、時間領域で足し合わせることで広帯域な地震波を計算する方法


理論的方法による強振動の再現例  ▲ページTopへ
断層直上で観測されたCalifornia Array No.2 COMP N65Eの地震動を、本研究で開発した地震動波形合成法によって再現。
確率論的グリーン関数法による強震動の予測  ▲ページTopへ
 過去の中小地震の観測記録と、確率理論により統計的に作成した人工地震波を用いて、大地震の地震動を評価。
想定南海地震の長周期地震動の予測例   ▲ページTopへ
 たとえば、内閣府中央防災会議で想定している南海地震が発生した場合、当社が予想する対象地点の長周期入力地震動は、次のようになります。


対象評価ラインで作成した入力地震動

▲ページTopへ


当ホームページのコンテンツを無断で使用することを禁止します。
All rights reserved, copyright(c) 2006-2015,Earthquake Engineering Research Center Inc.
http://www.eerc.co.jp/