弊社は、橋梁や埋設構造物などのライフライン施設や港湾施設などの重要社会基盤施設を地震から守るために、震源断層を考慮した対象地点の地震動作成から、土木構造物の応答や津波の解析までを含めた各種の地震対策問題に対し、一貫した耐震検討を、自社開発の最新の耐震解析ソフトウェアを用いて行っています。
 この一貫した耐震検討が、弊社の最大の特長となっています。


【主な耐震コンサルティング内容】
  • 震源断層を考慮した入力地震動の作成とその評価
  • 橋梁や埋設構造物などの重要社会基盤施設に対する耐震解析および耐震診断
  • 地震や津波による工場内施設の耐震診断やハザードマップの作成
  • 津波の数値シミュレーションによる護岸および港湾構造物の評価
※なお、大学発ベンチャーという弊社の特性から、市販されている通常の耐震解析ソフトを使った動的解析や耐震設計のような実業務は行っていません。
詳細に付きましては、受託業務の例をご覧ください。

▲ページTopへ


当ホームページのコンテンツを無断で使用することを禁止します。
All rights reserved, copyright(c) 2006-2015,Earthquake Engineering Research Center Inc.
http://www.eerc.co.jp/